ザイザル 副作用

じんましんの原因と症状

じんましんの種類、原因と症状

蕁麻疹には大きく分けて2種類があります。

 

発疹から1ヶ月以内に治まる蕁麻疹を急性蕁麻疹、1ヶ月以上続くものを慢性蕁麻疹と医学的には定義付けられています。

 

急性蕁麻疹の多くは風邪や体調不良、食あたりなどの一時的な病状に起因することが多く、一方で慢性蕁麻疹の場合はアレルギー、汗、ストレスなどが起因しやすいと言われています。

 

このように蕁麻疹は症状ではなくて原因による分類が一般的と言われています。

 

治療方法としてはまず原因物質の究明、そしてそれらを取り除く、または避ける事、もしくは薬による治療となります。

 

蕁麻疹には多数の種類がありまずがほとんどの場合はその原因物質から遊離されたヒスタミンが血管及び神経に働く事で症状が現れると言われています。

 

ヒスタミンの作用を抑える抗ヒスタミン薬は期待ができますが、人によっては副作用が生じたり、前立腺肥大や緑内障がある人はそれらがひどくなること、などもありますので医師の処方は必要です。

じんましんの種類名称と概要

種 類 概 要

アレルギー性蕁麻疹

 

特定の食べ物の摂取によって引き起こされる食事性、花粉やハウスダストなど呼吸によって引き起こされる吸収性、抗生物質やアスピリンなどの投薬によっと起こされる薬剤性、蜂やムカデなど昆虫に噛まれて起きる刺咬性などのアレルギーになる物質(アレルゲン)が様々な形で体内に入ることによって引き起こされるのがアレルギー性蕁麻疹です。
機械的蕁麻疹 腕時計やベルト、下着のゴムなどによって皮膚に締め付けが起きることによって引き起こされるのが機械的蕁麻疹です。
温熱蕁麻疹 皮膚で特定の体温が上がったところに引き起こされるのが温熱蕁麻疹です。主にこたつやストーブ、お風呂などの温水などが刺激となります。
寒冷蕁麻疹 温熱蕁麻疹とは逆に特定の体温が下がったところに引き起こされるのが寒冷蕁麻疹です。主にクーラーや扇風機、冷水などが刺激となります。
日光蕁麻疹 太陽が直接当たった部分に引き起こされます。夏場の強い紫外線などが刺激となります。
コリン性蕁麻疹 発汗後に汗を放置することによって引き起こされます。運動、入浴、ストレスなどの汗の原因は問いません。
心因性蕁麻疹 心の病気から引き起こされて蕁麻疹が引き起こされている症状を言います。原因となるのはストレスやヒステリーてんかん、自律神経失調症など様々です。
病巣感染による蕁麻疹 病巣に住み着く細菌や死んだ組織が原因となって引き起こされます。特に扁桃腺や虫歯、蓄膿症などの影響が顕著です。
接触蕁麻疹 特定の食べ物や化学物質、動物やゴム製品などに触れた部位にのみ発疹します。触れた形通りに赤みがあわられます。

 

 

 

 

<<アレルギー体質をお茶?で改善した、その秘密はコチラ>>

ホーム