ザイザル 副作用

赤色描記症の原因と症状

赤色描記症の原因と症状

赤色描記症とは、皮膚にかゆみを感じ、その部分をひっかくことによってミミズ腫れのような赤い線が現れる症状を言います。

 

蕁麻疹の一種とも言われていますが、蕁麻疹の人に発症することは半数にも及ばず、花粉症などのアレルギー体質の人に出やすいとも言われています。

 

皮膚に爪が当たるなどの刺激を受けるだけでミミズ腫れのような反応が起きるため、すぐにわかります。

 

日常生活にはほぼ支障がないのも特徴です。

 

 

赤色描記症の原因と治療法

実は、発症原因はまだ解明されていませんが遺伝の関係性が強いです。

 

ですので親が赤色描記症を持っていたら子も赤色描記症の反応が出ることが多いです。

 

アレルギー体質の方に出る傾向も顕著なため、何らかのアレルギー疾患とも呼ばれています。

 

原因がわかっていなため完治の方法はありませんが、一般的には抗ヒスタミン系の薬剤の使用を勧められます。

 

炎症を抑えるための蕁麻疹の塗り薬も処方されています。

 

蕁麻疹やアレルギーが出にくい環境を整えることも一つの治療法と言われており、漢方などによる体質改善も取り入れている治療もあります。

 

即効性はありませんが、服用し続けることにより免疫力を高め、蕁麻疹やアレルギー、赤色描記症ができない体への改善を誘います。

 

 

 

 

 

<<アレルギー体質をお茶?で改善した、その秘密はコチラ>>


ホーム