ザイザル 副作用

ザイザルの血中濃度と持続時間

ザイザルの血中濃度と持続時間

ザイザルの効果が出るまでには服用から1時間後と一般的には言われています。

 

この調査のためには実際に人に対する調査で確認され、蕁麻疹などの皮膚の赤みが服用から1時間後から症状が抑えられたというものでした。

 

同様に花粉症などのアレエルギー鼻炎に対しての効果もほぼ同様の作用の仕方と言われています。

 

薬の血中での濃度データがザイザルの取扱説明書には記載されていますが、このデータを見ると前述の根拠がわかります。

 

ほとんどの薬は必ず血流に乗って各臓器に届けられます。なので血中濃度によって薬の効き目のタイミングを計ることができます。

 

ザイザルは服用後、約1時間後に血中濃度が最も高くなります。なのでこのタイミングで十分に効果が期待できるというわけです。

 

※レボセチリジン=ザイザル
ザイザル錠5mg
出典:グラクソ・スミスクライン株式会社

 

効果の持続時間

またザイザルの効果持続時間は24時間以上と言われています。

 

実際に人に対する調査では最大で32時間後も蕁麻疹などの皮膚の赤みの症状を抑える効果があったという結果でした。

 

ザイザルの取扱説明書には24時間が経過しても同様の血中濃度を保っていることが示されています。

 

ザイザルの効果を最大限に引き出すには?

使用方法をしっかり確認し、用法用量などを理解した上で摂取しましょう。

 

そして24時間の効果の継続時間がありますので、毎日同じ時間に摂取するようにすることが大切です。

 

飲み忘れてしまったなど朝飲んだり、夜飲んだりという不定期な摂取ですと薬の効果が切れる時間帯も作ってしまいかねません。

 

 

 

 

 

<<アレルギー体質をお茶?で改善した、その秘密はコチラ>>

ホーム