ザイザル 副作用

ザイザルの効果と副作用

ザイザルの効果と副作用

ザイザルとは一般名をレポセチリジン塩酸塩と呼ばれていてアレルギー性鼻炎や蕁麻疹などのかゆみの症状緩和に使われている第二世代抗ヒスタミン薬です。

 

脳まで薬成分が届きにくい性質なので比較される従来品のセチリジン(ジルテック)よりも眠気が少ないです。

 

ザイザルはセチリジンを改良して開発された薬なのでセチリジンよりも抗アレルギー効果が強く、半分の摂取量で同じぐらいの効果が得られると言われています。

 

しかも吸収がよくて即効性があり、効果は24時間持続します。

 

ただし、日本では2010年に認可された比較的新しい薬なので医師の処方箋が必要です。

 

ザイザルは対症療法薬なのでアレルギーの原因を根治するものではありません。

 

ザイザルの効果

花粉症などのアレルギーの諸症状に対して即効性と持続性のある薬です。

 

効果が高い割に副作用が少ないのでお求めやすいです。

 

アレルギー物質を放出する好酸球の作用を抑えたり、ロイコトリエンやプロスタグランジンというケミカルメディエーター(細胞から細胞への情報伝達に使用される化学物質)の分泌を抑える働きもあります。

 

ケミカルメディエーターが様々な作用を発揮し、痛みやアレルギーなどの症状を起こしています。

 

ザイザルはこのケミカルメディエーターや好酸球の作用を抑え、アレルギー症状の緩和に効果があります。

 

服用方法

成人 ザイザル錠5mg(1錠) 
    1日1回就寝前に経口服用(場合によっては最大1日10mgまで)
小児(7〜15歳未満) ザイザル錠2.5錠
              1日2回朝食後及び就寝前にに経口服用

 

副作用

副作用は比較的少ないと言われていますが以下のような症状が人によっては感じることがあります。

 

今までに以下のような副作用の報告があがっています。

・頭痛 ・頭重感 ・口の渇き ・食欲不振 ・吐き気 ・眠気 ・倦怠感 ・顔面蒼白 ・全身発赤
・顔や喉の腫れ ・めまい ・血圧低下 ・全身けいれん ・意識低下・消失 ・出血/血尿 ・肝臓の重い症状

 

 

 

 

 

<<アレルギー体質をお茶?で改善した、その秘密はコチラ>>


ホーム